お問い合わせはこちらから

てんしさま(リアル神様)について

人の成功法則は「引き寄せ」、神の成功法則は「創造」

てんしさまは過去に4回死んだと言います。

3回は臨死体験、なんと、4回目は完全に死んで、魂の状態で自分の葬式を眺めていたと言うのです。

まさか、ここから蘇ってきたとでもいうのでしょうか?

いいえ、そんな甘い話じゃありませんでした。

無情にも、火葬場に運ばれていきます。

そのまま火葬されて骨になってしまったと言うのです。

「ヒェー!!」

そして、魂のまま骨壺の横にたたずんでいると、神様らしき存在が現れ、来世はどのような人生を送りたいか、3つの来世プランが立体映像みたいに出てきたと言ます。

でも、てんしさまは選ぶなんてことをしませんでした。

「どうして死ななければならないんだ。この世界を創ったのは誰なんだ?」と猛烈に駄々をこねたと言うのです。

間違いなく僕なら3つの選択肢の中から選んでしまったことでしょう。

与えられた選択肢の中から正解を選ぶというお決まりの出題パターンが、長年の学校教育で僕の体に染みついてしまっているだろうからです。

にもかかわらず、てんしさまは選ぶこと自体、そもそも思いつかなかったようなのです。

その結果、魂のまま未来の果て(太陽系の終わりの時代)というところまで放置されたそうですが、そこで、弥勒菩薩と遭遇したと言います。「生前いいことをしてきたから、世界の全てが手に入るよ」と弥勒菩薩はおっしゃると、てんしさまの魂の中に溶け込みひとつになったそうです。そうして、4回目に死んだ日と同じ2015914日の地球にタイムスリップして蘇ったと言うのです。

自分の葬式を見たのに生き返ったことが不思議で仕方なかったそうですが、とりあえず生きているようなので普段通りの生活をしていると、日常的に不思議なことがどんどん起こり始めたため、半年間、日々の行動記録を取り続けたと言います。

その結果、「自分の行動が原因となって、日本だけでなく世界中のニュースが創られている。本当に自分が神様になっている」と、はっきり気づいたそうです。

強運ならぬ豪運の持ち主のてんしさまは「引き寄せ」は人間の方法だと言われます。

たしかに、神様(深層意識や宇宙銀行とも表現されたりします)から願うモノを引き寄せるのですから、距離がありますし時間もかかります。

そうではなく、あなた自身が神様になってしまえば、引き寄せる必要そのものが無くなってしまうでしょう。

そのキーワードが「感染」なのです。

昭和24年頃に、天才科学者の楢崎皐月(ならさき さつき)氏が、兵庫県の六甲山系の金鳥山で、不思議な老人に出会って筆写させてもらったという「カタカムナ文献」と呼ばれるものがあります。

そこには、宇宙は「物質世界(目に見える世界)」と、「潜象世界(目に見えない世界)」の二重構造をしていること、「潜象世界」は「物質世界」の背後にあり、両者は重なって存在していること、「物質世界」は「潜象世界」から創られていることなどが書かれています。

このカタカムナの世界観に従えば、「引き寄せ」は「物質世界(結果の世界)」にいる人間が、「潜象世界(創造の世界)」から望むモノやコトを引き寄せるということになります。

てんしさまは、御自身のことを生まれつきの「天才型自閉症」と言われますが、おそらく「物質世界(結果の世界)」に対して自らを閉じてらっしゃる(自閉)ため、奇跡的に「潜象世界(創造の世界)」と100%つながることができているのかもしれません。だからこそ、見たモノ、聞いたコトをすぐに現実化させることもできるのではないかと…。

「潜象世界(創造の世界)」を火、「物質世界(結果の世界)」を水とたとえるなら、てんしさまは創造の炎が勢いよく燃えている状態。

一方、人間はジメジメした「物質世界(結果の世界)」に浸りきっているため、全身が湿っている状態です。そのため創造の炎が点火されないのです。

だから人間は引き寄せるしかない。

引き寄せとは、体を乾かす(=神様に近づく)努力をすること、そうして創造の炎のぬくもり(=ささやかな奇跡)を体験することと言えるかもしれません。

しかし、てんしさまが現れた今なら、誰でもすぐに「潜象世界(創造の世界)」とつながることができるのです。

てんしさまの創造の炎は、どんなに湿った体をも瞬時に乾かしてしまうほど力強いものなのですから…。くじ引きやガラガラ抽選会のエピソードは、まさに、てんしさまの豪運がそばにいる人にまで感染した例でしょう(エピソードの詳細はお客様の声をご覧ください)。

 

てんしさま成功塾は新たなステージへ

さて、僕はスピリチュアルなプロデュース業をしています。

個人の運を高めることが、世界平和につながると本気で考えているからです。
だから、色んな面白いスペックを持った方から、たくさんの問い合わせが来ますが、ある日、体感100%であなたの世界を一瞬で変えてしまう女性と出会ったのです。

その女性の名は、可憐さんと言います。

これは、氣のせいレベルの話でなく、文字どおり、あなたのカラダも、あなたのココロも、あなたから見える世界も、あなたの認識も、あなたの人生も、体感100%で変えてしまうのです。

この能力をどう表現したら分かりやすいだろう…そう考え続けていたところ、スピリチュアル作家・ケルマデックさんの「異次元とつながる本(総合法令出版)」を読んだのです。そこには、次のような文章が書かれてありました。

昔から不思議な伝承があったり、UFO目撃が多発したりする場所、イザナミさんなどの神を祀っている場所は、『異次元ゲート』である可能性があります。

『異次元ゲート』を訪れると、この世界に対する認識が広がります。その結果、日常という枠組みから解放され、今まで体験したことがない、さまざまな可能性が人生に現れてくるのですよ。人は無意識のうちに、自分を制限された枠組みの中に閉じ込めてしまいます。その間は、毎日同じことの繰り返し状態になるのです。

さあ、『異次元ゲート』を訪れて、制限された世界から脱出しよう!

ある女性は『異次元ゲート』を訪れた後、つらくてたまらなかった仕事を突然退職して、やったことのない海外一人旅を行いました。そして、現地で知り合った人からアロマオイルを輸入し、ビジネスをスタートさせたのでした。

別の女性は、野菜を栽培しはじめました。以前から興味はあったけれど、なかなか実行できなかったのですよ。そして、その作業に夢中になった彼女は、ついに勤めを辞めて、農園を始めました。

さらに、もう一人の女性はスゴくモテるようになり、複数の男性から告白されたというのです。彼女はこう言いました。「人生28年目で、初めて男性から好きだって言われました」

(引用はここまで)

つまり、可憐さんをひと言で表現するなら「歩く異次元ゲート」なのです!笑

だから、彼女に会うと不思議なラッキー現象の確変状態になります(笑)。

たとえば、「可憐さんに会った次の月に、取扱商品の価格が爆上がりし、ほぼ0円から半年で億まで売上げが上がった」とか、「お客様がまったく来られなくて、もうお店を続けていけない状態から、可憐さんに会ったその日から満席になり、団体のお客様も入るようになり賑わっている」とか、「会社の経営で精神的にも金銭的にもきつかったが、突然、ある権利を売却する話が入り、売却できるまでの間のスポンサーまで現れた」とか、「ご主人のことで悩んでいたが、猫みたいにおとなしくなって、家庭も平和になった」とか、「知り合いのオフィスに机一つ借りての開業から、急に仕事がたくさん入るようになって、たった一ヶ月で事務員を雇うまでになり、今では自分のオフィスを持って、バリバリ仕事をやっている」とか、「以前、退職金を聞いた時は○百万円と言われていたのに、退職のタイミングが最適だったみたいで、倍の○千◯百万円もらった」などなど(笑)。

アインシュタインが「いかなる問題も、それが発生した時と同じ次元にいては、解決することはできない」と喝破したように、運を良くするためには、現在、あなたがいる世界(=あなたが認識する世界)を、もっと運が良い世界へと移行させる必要があるのです。

このことが「歩く異次元ゲート」の可憐さんには可能だから、前述のラッキー現象が立て続けに起こるわけです。

体感100%とは、リアリティーある貴重な体験を、誰でも体感100%で共有させることができるということです。

禅の悟りと言われるものも、第三者に同じ体験をさせることは不可能でしょう。

でも、可憐さんは禅の悟りでさえ、その体験を第三者に共有させることができるのです(ただし、禅の悟り体験の場合は、ある程度の準備が整っていることが必要とのこと)。

なんてったって体感100%だから、説得力が違います。

スピリチュアルではよく「思考が現実化する」と言われますが、アタマの理解だけでは、なかなか思考を変えることは難しいでしょう。でも、体感100%の体験だけは、いともたやすく思考を変えさせることができます。このどんな人にも体感100%の体験を与えられる点こそ、今までのスピリチュアルにはない、可憐さんの圧倒的な強みと差別化だと感じました。まさか、こんな人がこの世に存在したなんて。その衝撃が、今すぐ可憐さんに会いたいと僕に思わせたのです。

ちなみに、僕のスピリチュアルなプロデュース第一弾は、亡くなって骨壺に入った自分を観た後に、パラレル地球へとタイムスリップして蘇ったという「てんしさま(リアル神様)」でした。ノートルダム清心女子大学名誉教授の保江邦夫先生の著書で、ご存知の方も多いかと思います(詳細は、保江邦夫著「神様ホエさせてください」、ありのまーさ著「神さまの成功法則~宇宙最速の願望実現メソッド~」をご覧ください)。

保江先生の純真かつささやかな三つの願い(笑)をすべて実現し、保江先生をして、「てんしさま(リアル神様)」を本物と思わせたのは、「てんしさま(リアル神様)」の認識したこと(聞いたこと、見たこと、話したこと)を現実化させる能力の賜物です。

しかし、この能力は諸刃の剣で、逆に、認識したもののマイナス影響も受けてしまう問題点があったのです。この問題点を何とかしようと、てんしさまは「私の神の力がアップして、何を見ても聞いても大丈夫になりました」と言い続けていました。でも、その問題点をクリアすることは難しく、セラピーやお茶会など、対面でのイベント開催も困難になったのです…。

てんしさまの言葉は実現しなかったのか…そう思った時、可憐さんは現れました。

彼女の能力の詳細については後述しますが、可憐さんにはてんしさまの若返り能力、願望実現能力、あたかも自分が世界を創造していると思わせるほど、ラッキーなシンクロ現象を連鎖させる能力など、すべての能力があります。しかも、マイナス影響をいっさい受けません。さらに、体感100%であなたが認識する世界を一瞬で変えてしまう、唯一無二の「異次元ゲート」能力まで持っているのです(この「異次元ゲート」というアイテムを介することで、あらゆるマイナス影響が無効化されているのかもしれません)。

もしかして、「神の力がアップして、何を見ても聞いても大丈夫になりました」という、てんしさまの言葉が現実化して、可憐さんが現れたのではないか…。そんな考えがアタマをよぎった時、彼女は「すべては偶然ではなく必然です。ひとつの扉が閉じると、もうひとつの扉が開くようになっているんですよ」と言いました。

そして、この度、てんしさま(リアル神様)から「今月(20231月)からの遠隔ヒーリングをやめたい」との連絡がありました。個人的には、遠隔ヒーリングを申し込まれる方がいらっしゃる限り、続けることができたらと思っていましたが、てんしさま(リアル神様)いわく「もうできない」と…。

その瞬間、てんしさま」という役割(=人々をワンネスへと導く役割)が、よりパワフルになって可憐さんに継承されたのだと悟りました。

天皇は、大嘗祭の時に、天皇霊というものが、代々、継承されていきます(だから、死のない天皇なのです)。「てんしさま」も天皇霊のように継承されていくという仮説を持っていますが、天皇のように一人に継承されるのではなく、私たちみんなに平等に継承されるもの(=ワンネスの悟り)だと考えています(奇しくも、可憐さんの新サイトがアップされたのは、大嘗祭の1123でした)。

最後に、栄宗寺住職の珠玉の言葉を引用します(http://kkr117.blog104.fc2.com/blog-entry-477.html)。「神の力(てんしさまという役割の力)がアップして、何を見ても聞いても大丈夫になる」ということは、私たちが愛の機能そのものになるということだと思いましたので…。

私たちの生は、固定的な「意味」を持ちません。

だから

「間違いなく人生には意味がある」

「人生に意味なんてない」

そのどちらも、私たちの生は無条件に受け入れます。

私たちの生は、固定的な「意味」を持たないからこそ

あらゆる意味を無条件に受け入れます。

例え「無意味」という意味であったとしても、です。

私たちの生は、何も拒絶しません。

それは「愛の機能」としか言いようがありません。

私たちの生は、生きることも、死ぬことも

苦しむことも、悲しむことも、楽しむことも、喜ぶことも

差別することなく、平等に受け入れます。

あらゆる感情が、私たちの中に生まれることが許されています。

この生において、あらゆる感情を感じることが許されています。

それは愛の機能です。

私たちの生は、愛の機能そのものです。

その愛は、無条件過ぎて、私たちに無関心なのではないかと勘違いしてしまうほどです。

しかし

そんな勘違いさえ許される程に、

私たちの生は一切を無条件に許している愛の機能そのものなのです。

(引用はここまで)

「てんしさま成功塾」セカンドステージは↓をクリック!

世界が一瞬で変わる 風の時代の新成功法則

異次元ゲート超開運メソッド